民事再生のメリットとデメリット

民事再生に対応している法律事務所は多くあるので、これから借金整理を考えていて債務整理による方法で解決を図りたい場合は、他の地域で対応しているところもあわせて探していくとよいでしょう。

民事再生の場合だと裁判を通しての債務整理になってくるので、これまでに実績がある弁護士や司法書士に対応してもらった方が良いというのが理由になっているのですが、離れていてもスマホやパソコンなどを使って相談ややりとりができます。

民事再生をすることのメリットとしては借金の減額をすることができるので返済しやすい状態を作っていくことができることです。
一方でデメリットとなるのはブラックリストに名前が入ってしまうことです。

ブラックリストになると借りているところではもちろんのこと他の金融機関からも新しくお金の借り入れをすることができなくなってしまうので、お金がないという状態で困っている場合に借りることができません。

他には時間や費用がかかるというのもマイナス部分ですが、今後借金問題で悩み続けることを考えると時間や費用のデメリット部分はそこまで大きな問題ではなくむしろ借金問題を抱え続けることの方がデメリットとなります。

民事再生相談ランキング

債務整理の全体的な流れ

民事再生をするためには最初に弁護士や司法書士など借金問題に強い方の専門家に相談をして、借金の状況などを伝えてそれにあった債務整理や借金問題解決の方法についてのアドバイスを貰う流れとなります。

民事再生は借金を大幅に減らすために裁判を行う必要があり、そこで認められることで借金を減らすことができるのですが、状況によっては認められず民事再生による借金整理をすることができないこともあります。

債務整理の流れとしては相談をして自分にあった借金整理の方法を提示してもらい、相談をした先の法律事務所などに債務整理を依頼して交渉をしてもらって裁判を受けるという流れになります。

ちなみに民事再生は官報になるので公的な書類などが必要となるので任意整理のように自分で行うことには困難を伴いますが、必要なところだけ法律の専門家に入ってもらうことで自分だけでも進めていくことは可能です。
民事再生が終わった後は裁判で決まったルールに基づいて返済を進めていくことになります。

途中で返済をすることができなくなってしまうと自己破産をする場合と同じように所有物が徴収の対象となってしまうので計画性をもってしっかり返済を進めていく意識を持つことが大切です。

自己破産との比較

民事再生をするにあたって気を付けないといけないのは借金の一部を大幅に減らすことができるようになっているものの、収入を得てないと適用がむずかしいという点や多額の借金を抱えている場合だと適用されない可能性があることです。

民事再生は借金問題を抱えている人を助けるための債務整理です。

完済を目指しているという点では任意整理や特定調停と同じになるので完済の見込みがないという場合は民事再生をすることができなくなります。

自分の借金の状況ではどの債務整理が適用されるのかについては無料相談などの利用をすることによっても調べることができるようになっており、相談をする際に借金の状況についても細かく説明するようにしましょう。

自己破産と民事再生の違いとして大きいのは財産の没収の有無で、自己破産の場合だと借金を放棄することになるので借金の返済義務が無くなる代わりに所有している財産についても没収されることになります。

また自己破産の場合だと仕事に制限がかかるなどのペナルティもありますが、民事再生と違って無職でも自己破産の場合であれば適用されるようになっているので職を失って多額の借金を抱えた人でもこの方法であれば債務整理をすることができます。